トップページ > サービス利用規約

株式会社システムプランニング(以下「当社」という)は、当社のインターネットサービスを
ご利用いただく全てのお客様に、以下に記載される利用規約にご同意のうえ、ご利用頂くことを前提としております。

第1条 (定義)

第2条 (利用規約の適用)

第3条 (利用規約の変更)

第二章 サービス利用契約

第4条 (個別利用契約の成立)

第5条 (変更の届出)

第6条 (料金の支払い)

第7条 (最低利用期間)

第8条 (利用契約の継続)

第9条 (利用契約者の設備)

  1. 利用契約者は、「サービス」にアクセスするために必要な電話設備及びその他の設備を、自己の費用及び責任において、設置するものとします。
  2. 上記の設備またはソフトウェアが当方の業務を妨害していると認められる場合は、事前の通告なしに利用契約者の設備及びソフトウェアを状況に応じ使用を一時停止又は中止させる事ができます。

第10条 (情報の取扱)

  1. 利用契約者は、利用契約者番号として任意に登録した番号、あるいはIDおよび、これに対応するパスワードの使用、管理について、一切の責任を持つものとします。
  2. 当社は、会員のIDおよびこれに対応するパスワードが、他の第三者に使用されたことによって利用契約者が被る損害については、利用契約者の故意、過失の有無にかかわらず、一切の責任を負いません。
  3. 利用契約者は、自己の設定したパスワードを紛失した場合、速やかに当社に申し出るものとし、当社の指示に従うものとします。
  4. 当該IDおよび、これに対応するパスワードによりなされた「サービス」の利用は、当該利用契約者によりなされたものとみなし、当該利用契約者は利用料及び、その他の債務の一切を負担するものとします。

第三章 義務

第11条 (利用権譲渡の禁止)

  1. 別途格別な合意がある場合を除き、利用契約者は「サービス」の利用に関する権利を第三者に譲渡もしくは売買、名義変更、質権の設定その他の担保に供する等の行為はできないものとします。

第12条 (法令の尊守)

  1. 利用契約者は、「サービス」及び第三者の提供する全ての情報の利用に関して適用される全ての法規(日本法に限らず、関係する外国の法規も含む)を尊守しなければなりません。
  2. 利用契約者は、インターネット関連の一般に公正と認められる利用の規則を尊守して、公序良俗に反する行為はしないものとします。

第13条 (禁止事項)

  1. 当社が以下の各号に該当すると判断した場合、利用契約者に通知することなく、一時的に「サービス」を停止し、掲載された情報を削除することができるものとします。その場合、すでに徴収した料金の払い戻しは一切行わないものとします。
  2. 他人の著作物を著作者に許可なく、無断で使用すること。
  3. 第三者に虚偽の情報を以って不利益をもたらすこと。
  4. 誹謗、中傷、犯罪に関わる事柄、猥褻等公序良俗に反する情報を掲載すること。
  5. わいせつな画像や文字情報、猟奇もの等、未成年者や青少年の利用を制限する情報を流したとき、またはそれに類するかあるいは不適当と当方が判断した情報を流したとき。
  6. 「サービス」を媒体として刑法または民法等に抵触するような商業活動を行うこと。
  7. その他、当社より不適当と判断された場合。
  8. 前項各号に該当する場合、当社は、全ての「サービス」の提供の停止および利用契約を解除して終了させることができるものとします。
  9. 本条により、当社「サービス」の運営上サーバー停止等の実害が発生した場合、利用契約者に損害賠償請求を行う場合があります。

第14条 (データ等の損害)

  1. 当社は、「サービス」を提供するにあたり、インターネットの特質上、データ等の保証はできません。
  2. ホームページコンテンツ・電子メールデータ等の重要なデータは、利用契約者ご自身でバックアップ等の保護を行って下さい。

第15条 (責任範囲)

  1. 当社は、「サービス」の利用により発生した利用契約者の損害について、当社に故意又は重大なる過失がある場合を除き、当社は一切の責任を負わないものとします。
  2. 利用契約者が「サービス」を利用することによって第三者に損害を与えた場合、利用契約者が自己の責任により解決するものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。また、利用契約者の責に帰すべき事由により、当社が損害を被った場合、利用契約者はその損害を賠償すべき義務を負います。
  3. 本条により、当社が責任を負う場合、その損害賠償額は当社が利用契約者より受領した金銭の総額を限度とすることとします。

第四章 停止・廃止・解約・解除

第16条 (システムの運用管理)

  1. システムまたは関連設備の修繕保守等、天災、突発事故等の理由によりサービスの提供を一時停止、又は完全に停止することがあります。
  2. 当社は可能な限り事前通告を行いますが、天災、突発事故等の場合は通告を省略することができるものとします。
  3. 「サービス」に一時的な中断、遅延等が1ヶ月を超えて発生した場合、遅延に相当する期間の使用料を請求しないものとします。

第17条 (利用契約の解約)

  1. 利用契約者は、当社に対して利用契約を解約する場合、電子メールもしくは書面により通知するものとします。
  2. 解約は、1ヵ月以前に申し出るものとします。
  3. 契約期間中に利用契約を解約した場合、すでに徴収した料金の払い戻しは一切行わないものとします。

第18条 (利用資格の停止、終了)

  1. 利用契約者が、下記に該当する場合には、当方の判断により利用契約者に事前に通告することなく、「サービス」の運用の全部または一部を停止することが出来るものとします。当方が以下の項目に該当すると判断した場合、裁量的な判断により利用者全ての「サービス」に対するアクセス及び利用を、事前に通知することなく、かかる違反状態が解消するまで状況に応じ一時停止又は「サービス」のアクセス及び利用を解除して終了させることができるものとします。
  2. 利用契約者が、請求に対する支払いの遅延または支払を拒否した場合。
  3. 「サービス」申込時に虚偽の申告をした場合。
  4. 本規約の何れかの条項に違反した場合。
  5. 当社の利益に反する行為をした場合。
  6. 本規約第5条(変更の届出)に該当する場合。
  7. 本規約第12条(法令の遵守)に該当する場合。
  8. 当方「サービス」の業務遂行上支障を及ぼすと認められる場合。
  9. その他当社が利用契約者として不適当と判断した場合。
  10. 前項各号の1つでも事由が生じた場合、利用契約者は当社への債務を全額支払うことに加え、当社が被った一切の損害賠償の責を負うものとします。また、解除された利用契約者が利用契約の地位を回復する為には、新たに初期登録料の支払いが発生する場合があります。

第19条 (契約終了後の処置)

  1. 終了事由の如何を問わず、「サービス」利用契約が終了した場合、利用契約者(該当利用者)は、蓄積された全てのデータに対するアクセスの権利を失います。
  2. 終了事由の如何を問わず、「サービス」利用契約が終了した場合、当社は利用契約者に対し、データあるいはそのコピーを利用させる義務を負いません。
  3. 終了事由の如何を問わず、「サービス」利用契約が終了した場合、当社設備内に蓄積された契約利用者のデータは、事前通告なしに完全に消去されるものとします。

第五章 その他

第20条 (協議事項)

  1. 本規約に記載のない事項であっても、実施上必要な内容については当社と利用契約者の協議によって定めることができるものとします。

第21条 (合意管轄)

  1. 本契約において訴訟の必要が発生した場合は、当社本店所在地を管轄する地方裁判所を合意管轄裁判所とします。